診療のご案内

本院診療部長挨拶

慈恵医大小児科ホームページの診療のご案内にアクセスしていただきありがとうございます。このページでは慈恵医大附属病院(本院)小児科で行われている医療の概要について記載しますので、詳細は各項目をご覧下さい。本院の小児医療の基本方針は多職種による包括的な医療です。すなわち、小児科医師は慈恵医大小児科の卒後教育の基本理念であるpatient-orientedな、かつscience-orientedな医療を行っています。また、小児外科系医師・ナース・臨床心理士・保育士・ケースワーカーなどのコメディカルの方々との協力体制のもと、小児内科系疾患だけでなく、小児外科系疾患・そしてこころの問題・小児の発達や発育なども視野に入れた小児、そして小児をとりまく家族全体も診る包括的小児医療を展開しています。

外来は外来棟と母子センターの2ヶ所にあります。外来棟においては午前中に一般小児外来を開設しており小児外来の窓口となっていますので、初診の方は、まずこちらを受診して下さい。適切な専門外来に紹介いたします。午後は循環器・内分泌・アレルギー・血液・免疫などの特殊外来を開設しています。母子センターにおいては、こころの外来・発達フォローアップ外来・遺伝外来などの特殊外来に加えて、多くの診療科の関与が必要な二分脊椎・先天性頭蓋顔面疾患・小児腫瘍・出生前診断というmultidisciplinary外来が開設されています。

入院部門は母子センター内にある小児病棟おいて診療が行われています。ここで行われる医療は小児内科系医師に加えて小児外科系のエキスパートと協働してチーム医療を展開しています。小児内科系医師と小児外科系医師が相互に情報を交換し、常にベストの医療を患者さんに提供するという基本方針のもと病棟運営が行われています。長期入院患者さんのため、5名の保育士がおり、プレイルーム・院内学級などもあり、小児の社会生活にも配慮しております。また、PICU(小児集中治療室)、NICU(新生児集中治療室)がありますので集学的治療も可能です。お子様のことで心配なことがありましたら設備面・人材面で充実している、そして何よりスタッフ全員が患者さんにとって常にベストな医療を考え診療にあたる慈恵医大小児科にまずご相談下さい。

*予約方法

  1. 小児科外来に14時から16時の間に電話をお願いいたします。
    ・外来 電話:03—3433−1111 内線:3325/3326
  2. 医療機関を通しての予約は医療連携室に電話をお願いいたします。
    ・医療連携室 電話:03—5400−1202(ダイヤルイン)

専門外来

大学附属病院