研修情報

小児科専門研修プログラム(後期研修プログラム)

レジデントの声

慈恵医大小児科のレジデントも3年目になり、とても充実した日々を過ごせています。3年間を通じて、1人では解決できない困難に何度も直面しましたが、子供たちを助けるためであれば上級医はもちろん看護師も皆がどんな時も力を貸してくれました。今では恥ずかしくなるような相談にも、夜中であっても常に相談できる上司がいたことは本当に心強かったです。子供を守るためのチームワークは素晴らしいものがあると心から感じるとともに、一人前の小児科医になるために十分な環境がある慈恵医大で勉強できることを今は本当にうれしく思います。

(レジデント3年)

学内や学外での発表の機会が多く、色々な専門の先生が丁寧に指導をしてくれます。本院での研修では色々な専門分野に触れることができるので、将来の専門性を決めるうえで非常に役立ちました。また、その後の研修でも困ったことがあれば気軽に相談できるので、充実した後期研修が経験できると思います。

(レジデント3年)

私は他大学を卒業し研修も市中病院で行い当院小児科へ入局しました。
まず驚いたのが、分け隔てのないところです。私のような他大出身者でも快く迎え入れてくれ、同学と同じように扱っていただきました。もしかすると慈恵出身者よりも大事に扱って頂いているかもしれません。
診療に関しては、本院、3つの分院や派遣病院で専門的な疾患からcommonの疾患まで学ぶ事が出来ます。
医局員の数も多く、個性豊かな仲間と学ぶ事のできる職場だと思います。

(レジデント3年)

昨今は小児科医不足が言われていますが、慈恵医大小児科にはここ5年間、毎年10人程度がコンスタントに入局しています。若手が多く、皆で子供のために、慈恵のために頑張っていこうというパワーがあります。 教授をはじめとする大先輩の先生方が、親身になって若手医師の教育に、より良い環境づくりに力を注いでくださっていることを感じます。様々なことを相談しやすく、ありがたく思います。人柄が良い先生が多くて、本当に楽しく仕事ができます。

(レジデント2年)

東京慈恵会医科大学小児科医局は若手の医師も多いので、勉強熱心でやる気にあふれた先輩達にとてもいい刺激を受けながら、毎日楽しく仕事をさせて頂いてます。自信をもっておすすめ出来る、とっても雰囲気のいい医局だと思います。

(レジデント2年)

東京慈恵会医科大学病院小児科は、雰囲気の良さはもちろん、バランス良く様々な領域の疾患を経験することが出来るため、小児科を学ぶには大変素晴らしい環境だと思います。 大学病院ではまれな疾患、専門的な疾患も多く、日々勉強しなければならないことは多いですが、その分得られた知識や経験は貴重なものになると思います。また、当直や週一回の外勤では救急疾患やcommon disease、予防接種、乳児健診などを経験することができます。現在本院で学んでおりますが、毎日楽しく充実した日々を過ごしています。

(レジデント1年)

卒後教育