診療のご案内

精神班

臨床の概要

精神研究班は、現在すべて大学以外の関連病院での活動となっています。現在の研究は主として国立成育医療センターこころの診療部の奥山が中心となって行っているものです。内容としては、厚生労働科学研究事業からの補助金を受けて、虐待や子どものトラウマに関する研究、慢性疾患を抱えた子どもの心の問題に関する研究、子どもの心の問題に対応する人材育成の研究などとなっています。ただし、精神研究班の研究は臨床研究であり、子どものこころの診療に関する研修を受けることが必要です。

研究の概要

現在準備中です。

メンバー構成

奥山眞紀子、山崎知克、菊池麻沙美、江間彩子

活動施設

成育医療研究センター

主な参加学会

日本小児精神神経学会、日本小児心身医学会、日本小児精神神経学会

代表的な業績

  • 現在準備中です。

若手へのメッセージ

国立成育医療センターでのレジデント研修は、少なくとも2年間の小児科後期研修を行った方々を受け入れています。1-3ヶ月の短期研修も可能です。興味のある方のご相談は歓迎いたします。

研究班紹介