診療のご案内

新生児班

臨床の概要

本院母子健康科学センター新生児集中治療室(NICU)の運営に携わる新生児スタッフの教育を、新生児研究班としてサポートしています。また、埼玉県立小児医療センターNICUの豊富な症例を利用し、新生児専門医の育成を行い、本院NICUを側面からサポートしています。
大学母子健康科学センターNICUは東京都地域周産期施設として機能しており、埼玉県立小児医療センター未熟児新生児科は埼玉県における新生児医療の基幹病院としての機能を果たしています。各NICUとも、その業績から、日本周産期・新生児学会新生児専門医制度の基幹施設と認定され、新生児研究班として新生児専門医の指導を行っています。

研究の概要

研究業績としては、非常に多忙なNICU管理の中、少しずつ若手医師の研究が行われており、論文作成や学会発表を行い、学位取得を目指しています。現在行っている新生児班医師の研究課題は、下記のとおりであり、少ない時間の中誠意努力しております。

  1. 新生児脳低温療法に関する研究
  2. 新生児高頻度換気療法に関する研究
  3. 新生児の運動・行動発達に関する研究
  4. 新生児動脈管開存症の治療に関する研究
  5. 新生児哺乳と吸啜に関する研究
  6. 新生児消化管機能の発達に関する研究
  7. 新生児におけるフリーラジカルに関する研究

メンバー構成

清水正樹、田邊行敏、林至恩、稲毛由佳、苑田輝一郎、菅野雅美、大坪主税、村山淳子

活動施設

東京慈恵会医科大学附属病院、埼玉県立小児医療センター

主な参加学会

日本周産期新生児学会、日本未熟児新生児学会

代表的な業績

  • 現在準備中です。

若手へのメッセージ

新生児研究班は、「常に最高水準の新生児医療を目指しながら、良い医師を育てること」をモットーとして、学問としての「新生児学」を習得し、臨床や研究を通じて新生児学を発展させ、常に最先端かつ最高水準の新生児医療を目指しています。その中で、次世代の新生児科医を教育し、育てることを、最大の目標としています。
埼玉小児NICU:http://www.dn-scmc.com/

研究班紹介