診療のご案内

腎臓班

臨床の概要

腎臓班は、他大学医学部の教授を3人輩出した伝統のある研究班です。現在は慈恵医大附属病院(本院)と埼玉県立小児医療センター腎臓科を中心に活動しています。 腎臓班が臨床現場で取り扱う疾患は、感染症(尿路感染症)、腎炎、急性腎傷害、慢性腎臓病だけでなく、水電解質異常、高血圧、夜尿症と多岐にわたり、また取り扱う年齢も胎児期から成人まで含まれています。また、手に職を持つという意味での腎臓班で行う検査・手技としては、腎生検(病理組織診断)、腹部超音波、排泄性尿道膀胱造影(VCUG)、血液浄化療法(血液透析、血漿交換、エンドトキシン吸着療法、腹膜透析を、急性/慢性腎不全、肝不全、敗血症、高アンモニア血症などの病態改善に対して)、輸液療法と脱水/電解質異常を含め、あらゆる種類の重症患者管理に必要な基礎知識が習得できます。また腎不全は全身疾患であり、循環器系、免疫系、血液系、代謝・内分泌系、神経系、心理面など全てを見る事ができます。

研究の概要

  1. イヌリンを用いた重症心身障害児の糸球体濾過量測定の標準化
  2. ACK2前処置によるMPSⅡの造血幹細胞を標的としたex vivo遺伝子治療法の開発
  3. 小児末期腎不全患者における腎代替療法開始時のeGFR
  4. ANCA関連血管炎の全国疫学調査研究
  5. IgA腎症に対する扁摘パルス療法後の尿潜血残存危険因子
  6. LAMB2遺伝子変異の機能解析
  7. 小児期における医療費助成制度の違いが小慢登録率に与える影響
  8. 造血幹細胞移植後のAKIの実態調査
  9. 極低出生体重児における慢性腎臓病発症のリスクファクターの検討 -全国疫学調査

メンバー構成

望月弘、平野大志、伊藤亮、山田哲史、掛川大輔、三輪沙織、梅田千里、武政洋一、徳永愛

活動施設

東京慈恵医大附属病院、附属葛飾医療センター、附属第三病院、附属柏病院、
埼玉県立小児医療センター腎臓科

主な参加学会

日本腎臓学会、日本小児腎臓病学会、日本小児腎不全学会、国際小児腎臓病学会、
欧州腎臓/移植透析学会

代表的な業績

  • Yamada A, Fujinaga S, Sakuraya K, Satoshi A, Hirano D. Initial treatment with pulse methylprednisolone followed by short-term prednisolone and tonsillectomy for childhood IgA nephropathy. Clin Exp Nephrol 2018 [Epub ahead of print]
  • Hirano D, Ito A, Yamada A, Kakegawa D, Miwa S, Umeda C, Chiba K, Takemasa Y, Tokunaga A, Ida H. Independent Risk Factors and 2-Year Outcomes of Acute Kidney Injury after Surgery for Congenital Heart Disease. Am J Nephrol 2017;46:204-9
  • Hirano D, Chiba K, Yamada S, Ida H. Oral alendronate in pediatric chronic recurrent multifocal osteomyelitis. Pediatr Int 2017;59:504-8
  • Hirano D, Ishikura K, Uemura O, Ito S, Wada N, Hattori M, Ohashi Y, Hamasaki Y, Tanaka R, Nakanishi K, Kaneko T, Honda M: Association between low birth weight and childhood-onset chronic kidney disease in Japan: a combined analysis of nationwide survey for paediatric CKD and National Report of Vital Statistics, Nephrol Dial Transplant, 2016 in press.
  • Hirano D, Kakegawa D, Yamada A, Ito A, Miwa S, Ida H: Tolvaptan in a pediatric patient with diuretic-resistant heart and kidney failure 2015; 57: 183-5
  • Hirano D,Fujinaga S,Shinozaki T,Endo A,Watanabe T,Murakami H,Ida H:Optimal urinary protein-to-creatinine ratio as a renal biopsy criterion in children with asymptomatic proteinuria,Clin Nephrol.2014;82:115-21
  • Hirano D,Fujinaga S:Two dosing regimens for steroid therapy in nephrotic syndrome,Pediatr Nephrol.2014;29:325
  • Yamada A,Yokoo T,Yokote S,Yamanaka S,Izuhara L,Katsuoka Y,Shimada Y,Shukuya A,Okano HJ,Ohashi T,Ida H:Comparison of multipotency and molecular profile of MSCs between CKD and healthy rats,HUMAN CELL.2014;27(2):59-67
  • Hirano D,Fujinaga S,Nishizak N,Kanai H,Ida H:Role of ultrasound in revealing complications following percutaneous renal biopsy in children.Clin Nephrol.2013;80:426-32
  • Hirano D,Fujinaga S,Endo A,Watanabe T,Ida H:Does low-dose intravenous methylprednisolone pulse therapy produce unacceptable adverse effects in children?.OJNeph 2013; 3: 189-93

若手へのメッセージ

若手中心で構成される私たちの腎臓班では、臨床面では急性血液浄化療法を含む重症管理を、研究では腎臓内科とコラボレーションを行って再生医療分野に目を向けています。子ども達の未来を守るために一緒に活動しませんか?

研究班紹介