診療のご案内

血液・腫瘍班

臨床の概要

臨床は主に本院と都立小児総合医療センターで行っています。本院は東京都が指定する東京都小児がん診療協力病院に、都立小児は日本全国15か所に設置された小児がん拠点病院に指定されています。 当グループの特徴は、造血器疾患のみならず、外科系診療科との連携のもと、脳腫瘍や小児固形腫瘍の治療も積極的に行っている点にあります。日本小児がん研究グループ(JCCG)の多施設共同臨床試験および付随研究に積極的に参加しており、本邦において標準化された最新・最善の治療を提供しています。また、他診療班や他科とのコラボレーションとして、先天代謝異常症や原発性免疫不全症に対する造血幹細胞移植や、脳神経外科と共同で難治性小児脳腫瘍に対する新規免疫療法など、高次医療・新規治療の開発を積極的に行っております。

研究の概要

各班員は小児血液・腫瘍疾患の病態や診断・治療に関連した問題点を深く掘り下げて研究をしています。研究は当院総合医科学研究センターや解剖学講座の協力のもと、次世代シークエンサーを用いた腫瘍関連遺伝子の網羅的変異解析や全エクソン解析を行い、希少な小児がんの病態解明を進めております。特に家族性腫瘍(Tumor Predisposition Syndrome)に発症した小児がんの分子遺伝学的解析を積極的に行っております。また留学先は、米国 Harvard Medical School/Dana-Farber Cancer Instituteを代表として国内外の最先端施設に派遣しております。

  1. 高発癌性先天奇形症候群における発癌メカニズムの解明と新規治療標的の探索
  2. 小児脳腫瘍の分子遺伝学的解析
  3. 小児がん疾患におけるサイトカイン解析
  4. 難治性固形腫瘍における造血幹細胞移植の有用性の検討
  5. 先天代謝異常症に対する造血幹細胞移植についての研究
  6. 難治性小児脳腫瘍に対する新規樹状細胞治療 第1/2相臨床試験(UMIN000031312

メンバー構成

小林尚明、加藤陽子、秋山政晴、湯坐有希、横井健太郎、寺尾陽子、横川裕一、山岡正慶、山岡祥子、本多隆也、田中克侑

活動施設

慈恵医大附属病院(本院)、都立小児総合医療センター

主な参加学会

日本小児血液がん学会、日本血液学会、日本造血細胞移植学会、日本脳腫瘍学会、臨床腫瘍学会

代表的な業績

  • Yamaoka M, Akiyama M, Ohyama W, Tachimoto H, Matsumoto K. Acute lymphoblastic leukemia with hypereosinophilia in a 3-year-old boy. Pediatr Int. 2018;60:88-90.
  • Yamaoka M et al, Cytokine and pathological analysis of hepatitic variant graft-versus-host disease after allogenic peripheral blood stem cell transplantation in a child. Journal of Hematopoietic Cell Transplantaion 2016;5(1):22-26
  • Ohyama W et al, Maternal Crohn's disease-related vitamin B12 deficient megaloblastic anemia in an infant. Rinsho Ketsueki. 2016;57(1):15-9
  • Akiyama M et al, Somatic mosaic mutations of IDH1 and NPM1 associated with cup-like acute myeloid leukemia in a patient with Maffucci syndrome. Int J Hematol. 2015;102(6):723-8
  • Akiyama M et al, Paraneoplastic Syndrome of Angiomatoid Fibrous Histiocytoma May Be Caused by EWSR1-CREB1 Fusion-induced Excessive Interleukin-6 Production. J Pediatr Hematol Oncol. 2015;37(7):554-9
  • Yokoi K et al, Effect of donor chimerism to reduce the level of glycosaminoglycans following bone marrow transplantation in a murine model of mucopolysaccharidosis type II. J Inherit Metab Dis. 2015;38(2):333-40
  • Yokokawa Y et al, Unique clonal relationship between T-cell acute lymphoblastic leukemia and subsequent Langerhans cell histiocytosis with TCR rearrangement and NOTCH1 mutation. Genes Chromosomes Cancer. 2015;54(7):409-17
  • Yuza Y, Long-term follow-up program and transition medicine for childhood cancer survivors. Gan To Kagaku Ryoho. 2014;41(1):15-9
  • Kato Y et al, Pain management during bone marrow aspiration and biopsy in pediatric cancer patients. Pediatr Int. 2014;56(3):354-9
  • Akiyama M et al, Telomerase activation as a repair response to radiation-induced DNA damage in Y79 retinoblastoma cells. Cancer Lett. 2013;340(1):82-7
  • Yamaoka M et al, Multidisciplinary therapy including proton beam radiotherapy for a Ewing sarcoma family tumor of maxillary sinus in a 4-year-old girl. Head Neck. 2013;35(12):E386-90

若手へのメッセージ

都内でも有数の症例数を誇る都立小児を派遣先としています。小児病院での豊富な症例と集学的治療を経験し、大学では研究や論文作成の指導を受けることが出来ます。スタッフが増えればさらに活動の幅も広がります。是非一緒に頑張りましょう!

研究班紹介