診療のご案内

アレルギー班

臨床の概要

慈恵医大小児科アレルギー研究グループは、世界に目を向けて励んでおります。我が国のアレルギー診療・研究をリードするグループであると、自他ともに認めて頂ける存在といえるでしょう。学会活動では、日本アレルギー学会、日本小児アレルギー学会、日本小児臨床アレルギー学会を中心に代議員、評議員、理事らを輩出し、各学会の運営に深くかかわっています。研究班員1人当たり0.5編/年の英語論文作成を目標として頑張っています。全米学会、国際学会へも毎年参加しています。留学受け入れのための海外研究施設に関しても、幅広いネットワークを有しています。

研究の概要

国立成育医療センター研究部では斉藤博久(昭52卒)、松本健治(昭59卒)を中心に、アレルギー病態に関する基礎研究が精力的に行われています。同センター専門部アレルギー診療科では大矢幸弘(昭60卒)、野村伊知郎(昭61年)を中心にアレルギーの病態・疫学研究、新生児-乳児アレルギー性胃腸炎の適性診断・治療へ向けた取り組みがなされています。東京都立小児総合医療センターアレルギー科では赤澤晃(昭59卒)を中心にアレルギーの疫学研究や抗原分析の研究が行われています。 国立病院機構相模原病院研究部・小児科では海老沢元宏(昭60卒)を中心に食物アレルギーの病態・疫学研究が国家事業的に進められています。大学では田知本寛(平3卒)が食物アレルギーを中心とした研究を、葛飾医療センターでは堀向健太(平10卒)がアレルギー発症予防の研究を、第三病院では勝沼俊雄(昭60卒)、赤司賢一(平11卒)を中心に、喘息、食物アレルギーの病態研究や臨床試験が行われています。

メンバー構成

勝沼俊雄、松本健治、赤澤晃、海老澤元宏、大矢幸弘、野村伊知郎、田知本寛、堀向健太、赤司賢一、青田明子、後町法子、飯倉克人、大谷ゆう子、海野浩寿、永倉顕一、井上隆志、相良長俊、溜雅人、
所陽香、鈴木貴之、鈴木亮平、皆川優納、鈴木貴之、関口由利子、小西愛里、関真澄、藤多慧

活動施設

慈恵医大附属病院(本院・第三・葛飾)、成育医療研究センター、都立小児総合医療センター、国立病院機構相模原病院

主な参加学会

日本アレルギー学会、日本小児アレルギー学会、日本小児臨床アレルギー学会

代表的な業績

  • Nagakura K, Sato S, Yanagida N, Ebisawa M. Novel immunotherapy and treatment modality for severe food allergies. Current Opinion in Allergy and Clinical Immunology. 2017;17(3):212-219.
  • Ebisawa M, Ito K, Fujisawa T:Japanese guidelines for food allergy 2017,Allergol Int. 2017;66(2):248-264
  • Nagakura K, Sato S, Yanagida N, Nishino M, Asaumi T, Ogura K, Ebisawa M. Oral immunotherapy in Japanese children with anaphylactic peanut allergy. Int Arch Allergy Immunol. 2018;175(3):181-188
  • Inoue T, Ogura K, Takahashi K, Nishino M, Asaumi T, Yanagida N, Sato S, Ebisawa M: Risk Factors and Clinical Features in Cashew Nut Oral Food Challenges, Int Arch Allergy Immunol. 2018 (in press).
  • Nagakura K, Sato S, Yanagida N, Nishino M, Asaumi T, Ogura K, Ebisawa M. Low-dose oral immunotherapy for children with anaphylactic peanut allergy in Japan. Pediatr Allergy Immunol. Accepted
  • Tachimoto H, Mezawa H, Segawa T, Akiyama N, Ida H, Urashima M. Improved control of childhood asthma with low-dose, short-term vitamin D supplementation: a randomized, double-blind, placebo-controlled trial. Allergy. 2016 Jul;71(7):1001-9.
  • Ebisawa M, Movérare R, Sato S, et al, The predictive relationship between peanut- and Ara h 2-specific serum IgE concentrations and peanut allergy. J Allergy Clin Immunol Pract. 2015;3(1):131-2
  • Ebisawa M, Terada A, Sato K, et al, Intermittent and episode-driven use of pranlukast to reduce the frequency of wheezing in atopic children: a randomized, double-blind, placebo-controlled trial. World Allergy Organ J. 2015;8(1):11
  • Horimukai K, Hayashi K, Tsumura K, et al. Total serum IgE level influences oral food challenge tests for IgE-mediated food allergies. Allergy 70,2015: 334-7.
  • Unno H, Futamura K, Morita H, et al. Silica and Double-Stranded RNA Synergistically Induce Bronchial Epithelial Apoptosis and Airway Inflammation. Am J Respir Cell Mol Biol 2014;51(3):344-353
  • Horimukai K, Morita K, Narita M, et al. Application of moisturizer to neonates prevents development of atopic dermatitis. J Allergy Clin Immunol. 2014;134(4):824-830.e6.
  • Matsumoto K, Saito H. Eczematous sensitization, a novel pathway for allergic sensitization, can occur in an early stage of eczema. J Allergy Clin Immunol 2014; 134:865-6.
  • Matsumoto K, Izuhara K. The "long and winding road" to our goal of primary prevention of allergic diseases. Allergol Int 2014; 63:1-2.

若手へのメッセージ

アレルギーを患う全ての子ども・ご家族のため、大いに奮闘しています。1人でも多くの同志を望んでいます!!

研究班紹介