診療のご案内

神経外来

小児神経外来にて扱う疾患は幅広く、大別すると中枢神経疾患、末梢神経疾患、筋疾患に分けられます。

中枢神経疾患は、てんかんをはじめとした各種痙攣性疾患、脳変性疾患、急性脳炎・脳症とそれらの後遺症、脳性麻痺、頭痛など、広くは発達性障害(精神遅滞、自閉症、広汎性発達障害など)などが挙げられます。

末梢神経疾患は遺伝性末梢神経変性疾患、顔面神経麻痺などが挙げられ、また筋疾患では各種筋ジストロフィー症、ミオパチーなどが挙げられます。

当外来では以上のような疾患を適切に診断した上で治療法のあるものは最適な治療につなげ、治療法が未だ確立されていないものに関しては専門療育(リハビリなど)に向けて、関連する病院や施設をご案内しております。またチック症、神経性食思不振症、登校拒否など精神的な要因が考えられる疾患に関しては当院の心理外来における心理士と協力して治療を含めたフォローを行うことも可能です。
また、運動発達遅滞、てんかん、筋疾患、脳性麻痺、ことばの遅れなどの神経疾患に加え、夜尿症、登校拒否、心身症などの小児精神疾患にも対応しております。

外来担当医

日暮(火)

専門外来

大学附属病院