診療のご案内

腎臓外来

小児科腎臓外来では自覚症状が少なく、わかりにくい小児腎臓病について理解して頂き、安心して日常生活をおくっていただけるような医療を実践したいと思います。主に以下にあげる疾患の診断と管理をおこない、また小児泌尿器外来と連携しながら先天性腎尿路疾患の診断と管理を行っています。

1.ネフローゼ症候群
小児のネフローゼ症候群はステロイドが著効するものの再発が多いことが特徴です。初発時はともかく再発時は可能な限り外来で治療をおこなう方針です。

2.急性腎炎
高血圧、浮腫、乏尿などをきたす疾患です。そのような急性期の管理は入院管理が必要です。しかし近年、入院を要しない軽症の急性腎炎が増えてきています。

3.検尿異常
三歳児検尿、学校検尿などで異常を指摘された方には外来にて検尿(早朝尿)、血液検査、エコー検査などをおこない、必要に応じて精密検査をおこないます。検尿による経過観察のみで大丈夫なお子さんも数多くいらっしゃいます。

4.尿路感染症
乳幼児の発熱の原因として大切な疾患の一つです。急性期は入院での治療が必要です。また尿路奇形を合併していることもあり、お子さんによっては後日画像検査をおこなうこともあります。

食事制限、運動制限などは必要最小限とし、なるべく患者様の生活の質を保つことを心がけています。

外来担当医

平野(第2/4水)

専門外来

大学附属病院