診療のご案内

遺伝外来(臨床遺伝診療部)

目的

近年長足の進歩を遂げているヒトゲノム解析研究の成果を背景に、医学研究・臨床の場で遺伝情報を取り扱う必要性は増々増加しているが、これらは同時に様々な倫理的・社会的・法的問題を招く可能性があり、わが国でも遺伝・遺伝子情報を適切に扱うための診療体制が要望されています。本学臨床遺伝診療部では臨床遺伝指導医・専門医有資格者によって構成され、遺伝病をはじめ、悪性腫瘍、生活習慣病にいたるまで幅広い疾患分野の遺伝関連事項に関して、カウンセリング、専門的検査、診療を集約的に担当し、遺伝情報を適切に取り扱うことを通じて患者様のQOLの改善を目的とします。

対象

現在のスタッフで先天異常(奇形症候群、染色体異常症など)、先天性代謝異常、神経筋疾患、血液・凝固・免疫不全疾患、骨・結合織疾患、をまず対象とし、今後関連各科と連携し、家族性腫瘍、消化器疾患、循環器疾患、皮膚疾患、腎尿路・性器疾患、耳鼻科、眼科疾患、生活習慣病などの遺伝関連分野に関しても集約的に診療していく予定です。

スタッフ構成

小林正(第1水)、小林博(第2水)、黒澤(第3水)、鈴木(第4/5水)

専門外来

大学附属病院