診療のご案内

血液・腫瘍外来

  1. 血液疾患:鉄欠乏性貧血、溶血性貧血、再生不良性貧血、血友病などの診断、治療
  2. 血液悪性腫瘍:急性リンパ性白血病、急性骨髄性白血病、悪性リンパ腫など急性リンパ性白血病、悪性リンパ腫の治療は、東京小児がん研究グループ(TCCSG)が行う多施設共同臨床試験に参加しており、急性骨髄性白血病の治療は、日本小児白血病リンパ腫研究グループ(JPLSG)が行う多施設共同臨床試験に参加しております。また、難治性疾患には造血幹細胞移植も行っております。
  3. 神経芽細胞腫、Wilms腫瘍、骨・軟部組織腫瘍の診断、治療を小児外科、整形外科、放射線科と協力して行っております。
  4. 網膜芽細胞腫は、国立がんセンター中央病院眼科と共同で眼球温存に努めており、当科は全身化学療法を担当しております。また、患児の発達成長を長期的な視野に立ってフォローしております。
  5. 脳腫瘍の集学的治療を小児脳神経外科、放射線科と協力して行っております。

また、セカンドオピニオンも受け付けております。

外来担当医

加藤(月)、秋山(月・水・木)、大山(金)、山岡(火・金)

専門外来

大学附属病院