同窓会

会長挨拶

東京慈恵会医科大学小児科同窓会は、台湾総督府医学専門学校の戸川篤次教授が大正11年2月、東京慈恵会医科大学に小児科学講座を開講した日を記念して、昭和35年2月11日、発会式が行われ、以後、毎年2月11日を同窓会総会の日として定め、今年で52回目を数えることになりました。なかでも、平成15年度総会の日に小児科学講座開講80周年記念が盛大に行われましたことは特筆すべきことです。

本同窓会の目的及び事業は、かって教室で小児科学の臨床を学びつつ、それぞれ専門の研究を行い、巣立っていった同窓生(平成24年2月現在290名)と在局教室員(134名)、が一体となって(出身校には関係なく)、会員相互の親睦を諮りながら、研究会や医局会などを通じての学術的交流や小児科学会代議員選や理事選、また学会開催時などにおけるバックアップの機会を作っていこうというものです。
なお、本会は会員の会費と広告費により運営されております。(昨年は東日本大震災で被災された会員へのお見舞、ならびに医療チームとして出向された教室の先生への援助として僅かではございますが、支援致しました)

さらに同窓生は、東京をはじめ、神奈川、埼玉、関東(平成22年度から千葉、北関東の2ブロックに分割)、中部、大阪以西(平成22年度から四国、山陰・山陽、九州の3ブロックに分割)、東北以北など各県単位の支部を持ち、それぞれに特色ある活動を展開しています。

2月11日に行われる同窓会総会では、まず物故会員への黙祷が捧げられ、その後同窓会運営上重要な議案についての採択が行われ、次いで小児科教室に業績のあった会員や貢献された会員には同窓会賞(受賞記念講演をしていただきます)や同窓会特別功労賞が、また優秀な研究をされた教室員には同窓会奨励賞が与えられます。最後に懇親会で幕を閉じます。

また同窓会年報・同窓会誌や会員名簿が発行されます。同窓会年報・同窓会誌の表紙をめくると、まずその年に行われた行事や勉強会などの様子を記録したグラビア、次いで、会員寄稿、出張病院だより、研究班だより、会員近況報告、同窓会支部だより、研修医や新入医局員挨拶、留学だより、業績集、年度事業報告など、原稿の一編一編がまさに慈恵医大小児科学講座歴史そのものであり、温故知新の一助ともなっています。会員名簿は相互の旧交を温め、親睦を深める契機ともなっています。

以上、慈恵医大学小児科学講座同窓会について紹介させていただきました。

同窓会アルバム